2018年03月11日

ハイサイクルMP5を作る!序

サバイバルゲームのチート武器、ハイサイクルチューン電動ガンを作ってみたくなりました。我が家のコレクションの中でハイサイが似合う銃といえばMP5K PDWです。



映画でも昔から人気があって、クルツのプロップガンにPDWストックを付けたいわゆるハリウッドPDWがけっこう出てきます。
SMGやPDWは私のサバゲスタイルにはそんなに馴染まないので、我が家のSMG達は予備銃扱いになっています。(・_・; とはいえPDWは扱いやすさとコンパクトさを活かし、貸し出し用としては大活躍していました。

小柄な女性でも扱いやすい大きさで、機動力を活かしてアタッカー的運用をするのもいいでしょう。うちのはCYMA製のフルメタルなので少々重いのですが…。
ガスブロのセミオートでハイサイ電動ガンと渡り合うのがサバゲでの目標なのに、何故私がハイサイ電動ガンを作ろうと思ったかというと、・不意遭遇戦での瞬間的火力を増強したい・あまり使ってないPDWに活躍の場を与えたい・アタッカー用の銃が欲しい、等の理由がありますが、先日DVDで観たアニメ映画「虐殺器官」の影響が一番大きいです(・ω・) ライフルの発射速度がSUGEEE!


https://youtu.be/tgv0B6TdXyg
近未来SFですが、SOF好きな人なら楽しめると思います。
実銃でもとんでもない発射速度の銃は存在しており、ミニガンなどの特殊な銃を除いても、「ヒトラーの電動ノコギリ」MG42の改良型であるMG3のように、至短時間で大量の弾を撃ち込める銃が軍制式銃として存在しています。

https://youtu.be/D4en4UizhTE
撃ってみたい…!

CYMAのMP5PDWは典型的な中華ガン、つまり高電圧バッテリーで超トルクモーターをブン回して強いスプリングを圧縮し発射するよう設計されているため、国産電動ガンよりもメカボの耐久性は高い筈です。なので、今回のチューンはセクターカットしたギアに入れ替えてちょい強めのスプリングを入れるというお手軽メニューでいきたいと思います。財布にも優しい!

加速シリンダーの入っている銃は、セクカしても初速にはあまり影響ないハズ。サイクルを上げるためにピストンの前後動をギアの歯3枚分短縮し、強めのスプリングを入れて前進速度を上げるというコンセプトです。モーターはEG1000に換装済みですが、できればハイスピードモーターにしたいところ。M120はトルクが薄過ぎてリポを使ってもセミのキレが個人的にはイマイチなので、今回は使わないつもりです。
パーツ代にあまり予算をかけずに組みたいので、まずは手持ちのパーツを漁るところからスタートです^ ^; 一体いつ完成することやら…。
あ、強化ピストン発見!!
(続く)







Posted by m14gbbshooter at 13:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。