2018年04月24日

マルイ89式小銃手直し&ヘルメットあご紐交換

高い命中精度を維持しつつ極限まで軽量化したアサルトライフル、それが89式小銃です。

構えたらわかるシックリ感、まさに日本人のための小銃!

無駄を削ぎ落としたスパルタンなフォルムがカッコいいですね。
我が家の89式は、ショートバレル化してホップツイストバレルを搭載しているため、ノーマルより強めのスプリングが必要です。この前のチューンではビビって次世代用スプリングを嵩上げして使っていたため、今回エアソフト97のM100スプリングに換装してみます。
何度か分解結合を繰り返したので割とスムーズにバラせるようになりました。

サブフレームを複数のネジでガッチガチに固定しており、マルイ電動ガン最強の剛性を誇ります。

フロントを分解すると、アッパーはスルリと取り外し可能。パッと見の剛性感は、流石トレーニングウェポンです。

ストックの取り外しは、バットプレートをずらして中のネジを緩めます。
この後、無事にメカボを取り出してスプリングを交換しました。せっかくの強化型メカボなので、ピストンの中に嵩上げパーツをin。写真はありません(・_・;
最近は割と忙しく、作業を細切れにして行っていたため、けっこう時間がかかりました。

試射の際にミニS型のハイCレートリポを使ったところ、驚くべきレスポンスが!25Cと40Cでは別物です。EG1000とサマコバぐらい違います(個人の感想です。)。うなぎリポのいいやつが欲しくなりました(´・ω・`) 初速はおおむね91m/sで安定しています。ツイストバレルを使うと10〜15m/sぐらい初速が下がることを考えると、なかなか良い仕上がりではないかと思います。

89式に合わせるサイドアームは、やはり9ミリ拳銃でしょうか。タナカの新型が気になります。

…陸自装備といえば、こいつを仕入れてきました。

戦人の4点式あご紐です。シェンケル製88式パチ鉄帽付属のあご紐がウ◯コな出来だったため、今まで使えずにいました。こいつがあれば無問題です。

なんかバランスの変なシェンケルあご紐から卒業です。交換はネジを外してあご紐を付け替えるだけ。これなら洗濯も楽ですね。戦人は財布に優しい値段設定なので助かります(・ω・)  


Posted by m14gbbshooter at 22:51Comments(0)

2018年04月17日

ハイサイクル?MP5実戦投入と爆誕祭

祝!官兵衛爆誕1周年!

イタズラも日に日にパワーアップしております。近頃はフードコンテナの蓋を開けて、食べたいおやつを引っ張り出すようになりました(・_・;
この前の週末にLONEX A1モーターを搭載してパワーアップしたCYMA改MP5PDWをフィールドで使ってみました。
今回は、西武園ゆうえんちにある「TAF ZONE」に参戦です。ご一緒した皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
私服に着替えて園内散策もOKなこのフィールド、昼食はカレーを注文しなくても出店でよりどりみどりです。

園内をぶらつくと割とhappyな気分になります。
昼過ぎまでは89式ショーティを使用して久しぶりのゲームを楽しみました。

固定銃床でもCQB!銃を寝かせると弾道がえらいことになるので、基本は「ちょろいもんだぜ」スタイルモドキです。
今回はゲーム歴の浅い参加者が多かったようで、割とキルを取ることができました。ゲーム回しも、取っつきやすい復活戦やカウンター戦が多めで、起伏に富んだフィールドで肩肘張らずに楽しめました。

一緒に参加した仲間達と。迷彩抜きコーデということでしたが、私はいつものRACKベストにしてしまいました(・_・;

乙はM14を久し振りに使ったそうです。射手の技量が高いのもありますが、やはりフルサイズライフルの射撃支援は安定感があります。
一方私はMP5に持ち替え、ODのAKリグに弾倉をIN。

CoordyはコツコツとカスタムしたSTAR M4を使用。自然に使い込まれたヤレ感が渋いですね。

装備にも手を入れたらしく、背面のポーチ類が充実しています。
さて、いよいよ本命のMP5実戦投入です。いささか浮き気味の弾道も調整が面倒なのでそのままゲーム開始。1,200rpmの弾幕が敵のいる遮蔽物に吸い込まれていきます!…60連ショートマグ2本と50連マグ3本ではちょっと足りなかったです(´・ω・`) ゼンマイマガジンが必要かな…。
PDWは機動性がすこぶる良好な上、ハイサイだと瞬間的に弾幕を張れるので不意遭遇戦にはもってこいです。もう少し初速が上がって、弾道が安定してくれたら言うことなしですね。
今時の電動ガンと比較して秒間20発という連射速度が「ハイサイクル 」といえるか微妙なところではありますが、リアルさを損なわず実用的なレートではないかな思います。


今回からMtechグローブを使ってみることにしました。ホームセンターで1200円弱で買えますが、使い心地は良好です。  
タグ :サバゲ


Posted by m14gbbshooter at 23:17Comments(0)

2018年04月11日

ハイサイクルMP5を作る!弐


やっぱコンパクトなPDWもカッコいいですね!

新生活に少しずつ慣れ、通勤中に読書や調べ物をする余裕が出てきました(・ω・) 右膝の調子もかなり回復し、短時間ならノロノロ走れるように…!絶賛リハビリ中です。

そこそこの交戦距離でも使えるハイサイクルを目指しているMP5PDWです。エアソフト97のM100スプリングは巻き数が多いせいか、CYMA純正ピストン錘+WII tech強化ピストン+スラストベアリング付きスプリングガイド(要するに嵩上げ仕様)だとピストンがリリースされない事案が発生(・_・; 仕方ないので、ピストンアッセンブリーをメーカー不明の中古品(錘なし)に交換。

ピスクラ防止とAOE調整対策のため、歯を1枚削り取りました。
今度はうまく動きましたが、弾速が70m/s弱とイマイチな結果に。
ここはバトンのM110スプリングを調達し交換です。国産で安価、「ハイサイには等ピッチスプリングが良い」という説もあるので、試してみます。某有名カスタムパーツメーカーが作っていたスプリングのようにメッキが剥がれてシリンダーをメタメタにするといったトラブルもないそうです。フルメタルティースではないピストンの耐久性が心配ですが、まあ様子見ということで。
メーカーが違うとスプリングレート表示の基準も変わるので、どこまで初速が変わるかは組んでからのお楽しみです(・_・;

サッと組み上げて試運転したところ、凄まじいレスポンス低下…EG1000ではトルク不足のようです。箱出し机モーター仕様7.4V運用と同じぐらいでしょうか。
どうしようか暫く考えていたものの、やはり高性能モーターが必要なのではないか?という結論に。かくなる上はLONEXか…と考えていたら、タイミングよくA1モーターの未使用品を手頃な値段で入手できました。

前オーナーはサバゲ引退のため、カスタム用に購入し大切に保管していたものを処分されたとのことです。大事に受け継がせていただきます(T ^ T)
ロアフレームだけ組んだ状態でのテストドライブの結果は良好で、恐らくフルオートの連射速度は1000rpmを越えているでしょう。セミのキレも上々です。流石タイタン…!

とりあえず出来ました。あとはチャンバー周りをどうするかですね。弾速チェックは時間ができた時にやってしまいます。

官兵衛も興味があるそうです。

特殊用途っぽいスパルタンな外観ですが、操作感はMP5シリーズ共通というのがいいですね。

実銃のMP5KPDWも「正規品を公用機関に販売!」という店がテキサスにあるようで、LE等での需要もまだまだあるようです^ ^;


これでまだ初速が低かったら…(・_・;  
タグ :装備・銃


Posted by m14gbbshooter at 22:22Comments(0)

2018年04月03日

春の新生活!そしてカスタムが…

全国100万人のミリタリーファンの皆様、お疲れ様です。
この春で新生活を始めた方も多いと思います。私も御多分に洩れず、転勤となりました。‘7時-23時’(土日含む)が珍しくない職場から、都心部へ優雅な電車通勤を送る日々へ!「第三の男のテーマ」が聴こえてきます(・ω・)

初の電車通勤に小生いささかビビっております(´・ω・`)
で、新生活のリズムを掴むまでは銃イジリのペースを落とすつもりでした。

しかし、やはりパーツを揃えてしまうとさっさと片付けたくなりまして(・_・; MP5PDWハイサイクル化は現在進行形なので、ひと段落したらまとめようと思います。

来週末にはいよいよ我が家のブラックパンサーこと官兵衛が生誕1周年を迎えます。順調に成長しており、暴れ方も強烈になってきています。
キャリーバッグを新調したところ、気に入らないようです。

「何やコレ…」


「早よ出せゴルァ!」


「脱出できんがな(´・ω・`)」
5kg超の体重を支えるためには、キャリーバッグも慎重に選ばざるをえません。

大した話ではないのですが、諸手続きで訪れた市役所の地下通路の標識がシンプルでかっこよかったです。

さすがインターナショナルシティ。ミサゴの巣が作られるようで、今年の友好祭も楽しみです。
  
タグ :雑談


Posted by m14gbbshooter at 21:39Comments(0)

2018年03月18日

アサルトでアサルト…せず(カスタムの方向性を見出す)

先日は東松山近くのフィールド「アサルト」の4周年記念定例会に仲間達と参戦しました。フルスクワットのしすぎで右膝の筋を痛めてしまい、「すいません自分走れないんで…」と周りのゲーマーに連呼しながらのゲームになりましたorz ご一緒した赤チームの皆様、ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

今回は「パークレンジャーのイメージで」と仲間内でドレスコードがあったのですが、サファリ的な服は持っておらず私服装備でいくことにし、アメリカ直輸入の古着にマンハッタンポーテージのカバンを合わせて参戦しました。他のメンバーはレアなチェストリグを着けていたり、いつものフル装備だったりとギャップが甚だしいものの、そこまでガチな戦いをする訳でもないからと自分に言い聞かせました(;´Д`A

ガーラントも長期出張最終週に参戦。そして…

記念ビンゴ大会で1等をゲット!高級電動ガンを手に入れてました。福岡まで持って帰るのが大変そうです^ ^

ゲーム中は89式とSCARがチューンの実力を発揮し?、BB弾の精度の悪さに辟易しながらもそれなりに戦果を上げることができました。CYCの0.23gのほうがS&Tの0.25gより当たります(最近S&Tの弾を見ないのはこういうことか)。M4ランサーは15m/sほど初速を上げないとゲームユースには辛そうです。。

バリケード戦では、最大射程の長さよりも中距離以下の集弾性が大事です。バリケードの隙間を通したり、曝露面積が小さい敵に弾を撃ち込んだりという場面が多く、弾が散るのは非常に困ります。なので、バリケード戦に使う銃は射程より命中精度で選んだほうがいいですね。
もちろん、長いより短い銃のほうが有利です。後ろから射撃支援するなら話は別ですが、弾の到達時間が長いため遠距離で発砲してもすぐ避けられて全然当たらないし、接近して戦ったほうが面白い!

今回のゲームではちょっと残念な場面がありました。昼過ぎのゲームにて、自陣近くで守りに入っている時に10mほど先のバリケードに走り込んでくる敵を見つけ射撃を開始し、けっこうな弾数が胴に命中したかなと思ったものの撃ち取れず…激動時は被弾に気付きにくいので仕方ないです。「アーマープレートで全てストップされた」といったところでしょうか。その後のゲームでも、すぐ目の前の砦の窓にいる敵と正面から撃ち合い、かなりの弾数を撃ち込んだものの「右上半身しか見せない薄い構え」の相手に何故か1発も当たらず…。
自分が思っているよりも弾は当たらないものですから、どちらのケースも命中弾がなかったということなのでしょう。もし当たっていたとしても、撃たれた人が気付かないということもよくあります。撃たれた人が気付けるように撃つのも必要なことです。
今回のケースにうまく対応するためには、命中精度を上げるだけでなく、短時間で複数弾を撃ち込むことで命中率を高めることも有効です。ハイサイクルチューンの有効性が再認識されました。ということで、MP5PDWは命中精度も発射速度も向上するように手を入れていきたいと思います。

ケイホビーでセクカ済みハイサイギアを購入。組み込むのが楽しみです。
PDWのカスタム用パーツ以外にも、ネットで色々とカスタムパーツを手配したので、今後どれかに組み込んでみようかなと思います。なぜかこの時期に散在してしまいました。
今回アサルトでご一緒した皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

最近の官兵衛

「お外見張るのに忙しいんや」  


Posted by m14gbbshooter at 23:25Comments(6)

2018年03月11日

ハイサイクルMP5を作る!序

サバイバルゲームのチート武器、ハイサイクルチューン電動ガンを作ってみたくなりました。我が家のコレクションの中でハイサイが似合う銃といえばMP5K PDWです。



映画でも昔から人気があって、クルツのプロップガンにPDWストックを付けたいわゆるハリウッドPDWがけっこう出てきます。
SMGやPDWは私のサバゲスタイルにはそんなに馴染まないので、我が家のSMG達は予備銃扱いになっています。(・_・; とはいえPDWは扱いやすさとコンパクトさを活かし、貸し出し用としては大活躍していました。

小柄な女性でも扱いやすい大きさで、機動力を活かしてアタッカー的運用をするのもいいでしょう。うちのはCYMA製のフルメタルなので少々重いのですが…。
ガスブロのセミオートでハイサイ電動ガンと渡り合うのがサバゲでの目標なのに、何故私がハイサイ電動ガンを作ろうと思ったかというと、・不意遭遇戦での瞬間的火力を増強したい・あまり使ってないPDWに活躍の場を与えたい・アタッカー用の銃が欲しい、等の理由がありますが、先日DVDで観たアニメ映画「虐殺器官」の影響が一番大きいです(・ω・) ライフルの発射速度がSUGEEE!


https://youtu.be/tgv0B6TdXyg
近未来SFですが、SOF好きな人なら楽しめると思います。
実銃でもとんでもない発射速度の銃は存在しており、ミニガンなどの特殊な銃を除いても、「ヒトラーの電動ノコギリ」MG42の改良型であるMG3のように、至短時間で大量の弾を撃ち込める銃が軍制式銃として存在しています。

https://youtu.be/D4en4UizhTE
撃ってみたい…!

CYMAのMP5PDWは典型的な中華ガン、つまり高電圧バッテリーで超トルクモーターをブン回して強いスプリングを圧縮し発射するよう設計されているため、国産電動ガンよりもメカボの耐久性は高い筈です。なので、今回のチューンはセクターカットしたギアに入れ替えてちょい強めのスプリングを入れるというお手軽メニューでいきたいと思います。財布にも優しい!

加速シリンダーの入っている銃は、セクカしても初速にはあまり影響ないハズ。サイクルを上げるためにピストンの前後動をギアの歯3枚分短縮し、強めのスプリングを入れて前進速度を上げるというコンセプトです。モーターはEG1000に換装済みですが、できればハイスピードモーターにしたいところ。M120はトルクが薄過ぎてリポを使ってもセミのキレが個人的にはイマイチなので、今回は使わないつもりです。
パーツ代にあまり予算をかけずに組みたいので、まずは手持ちのパーツを漁るところからスタートです^ ^; 一体いつ完成することやら…。
あ、強化ピストン発見!!
(続く)  


Posted by m14gbbshooter at 13:33Comments(0)

2018年03月04日

AKS74U「クリンコフ」そしてグリップをカスタム

我が家のコレクションはデカい銃、重い銃がメインなのですが、コンパクトなカービンやSMGを発作的に欲しくなることがあります。AKS74U、通称「クリンコフ」もそんな銃のひとつです。

クリンコフは「スペツナズの潜入作戦のために開発された特殊部隊専用マイクロカービン!」といった類のシークレットウェポン…ではなく、戦車マンやヘリパイの自衛用火器として支給されているようです。

ちょっと写真が小さいですが、ハインドのパイロットがちゃんと携行していますね。映画「オーガストウォーズ」でも、エキストラで撮影に駆り出された現役ロシア兵らしき兵士が持っているのを見ることができます。
今年の初め頃、「GHKのクリンコフはLCTの外装を使っているのでAKM用7.62mmマガジンも使える」という情報を入手。GHKのAKMを持っているのでクリンコフを買うならGHKのガスブロだな〜などと皮算用していたところ、中古極美品が格安で里親募集中だったのでポチってしまいました(・_・;

超カッケエ!銃っぽい匂いがプンプンします。「ガンショップ元」や「むげん」などの硬派な本格的ガンショップの店内に漂っているあの匂いです。
GHKあるあるでフロントサイトが微妙に傾いているのですが、いずれアウターバレルを調整するかハ◯マーズさんあたりに相談して直すことにします。
さてこのクリンコフ、実物グリップがついているのですがサバゲで使うにはちと惜しいくらいのコンディションなので、純正の黒プラグリに交換することにしました。AKMの茶色プラグリはテカテカの安物感全開なのですが、クリンコフのグリップは梨地加工されており、そこまでの惨事にはなっていません。しかしそのまま使うと違和感があるのも事実…なので、滑り止めを装着することにしました。

材料はこれ、ダ◯ソーの自転車用ゴムチューブです。ゴムチューブを切ってグリップに被せるだけのお手軽カスタムですが、効果は抜群のもよう。

実銃でもメジャーなカスタムのようで、アメリカでは専用のゴムチューブが10ドル前後で販売されています。ボッタクリやろ(・_・;
それでは適当に切ったゴムチューブをプラグリに被せていきます。

伸縮性ハンパないのですが、抵抗もそれなりにあります。くっつき防止パウダーがチューブ内側にもまぶされているので、頑張ればどうにか…

どうにか…!!

できました(・ω・)ノ
本体に早速取り付けてみます。GHKのAKシリーズは実物よりグリップスクリューの頭の径が大きく、このクリンコフには実物グリップスクリューが使用されています。なので、スクリューを純正に戻して組み込みです。

うむ、タクティコゥな雰囲気が出てます。滑り止め効果は抜群で、細いAK純正グリップでもホールド感がアップしています。
ハンドガードなど太い部分に使う場合、マウンテンバイクなどの太いタイヤのチューブを使うといいそうです。
ライトのリモートスイッチを止めたりも出来るので、タイヤチューブはなかなか侮れないですね。元デルタのマイク・ペノン氏もやっていたというこのカスタム、他人と一味違う玄人好みな銃を求めている人にオススメです。

今後このクリンコフはマグプルハンドガードとCTRストックに換装予定…以前に見たカスタムAKがカッコよかったのでクリンコフをいつか入手しようと考えていたのです。

(画像をお借りしました。問題があれば削除します。)
モダナイズトAKには全く興味がなかったのですが、これだけは別です。  
タグ :装備・銃


Posted by m14gbbshooter at 21:16Comments(0)

2018年02月28日

The greatest show!

仕事の他にはミリタリー一筋だけでなく、たまには違った息抜きや気分転換もいいかなと思います。

貯まっている代休を使って午後休をゲットし、「グレイテスト・ショーマン」を観てきました。ミュージカル映画は苦手なのですが、これは面白いです。アメリカン・ドリームとか開拓者精神とはこういうのを言うんだなと(・ω・)上映時間も2時間弱と短めなので、フラっと映画館に寄って見るのもいいかもしれません。

個人的にオススメするミュージカル映画は「グレイテスト・ショーマン」と「ロックオブエイジズ」です。

ロックなトム・クルーズを見ることができます。ストーリーもわかりやすく、ロック好きやトム様好きなら楽しめる筈です。
ミュージカルの後の口直しが必要な方は、トム・クルーズ繋がりで「オール・ユー・ニード・イズ・キル」はいかがでしょうか。

ラストのトム・クルーズの笑顔はおそらく史上最高、トム様ファンはこのシーンのためだけに観てもいいと思います。米国上映時のタイトルは「Edge of Tomorrow」…こっちのがカッコいいような。。
それとも「ロックオブエイジズ」でなかなかインパクトのある役回りのキャサリン・ゼタ・ジョーンズにちなんで「REDリターンズ(RED2)」なんかいいかもしれません。


「Retired Extremely Dangerous」この響きだけでグッときます^ ^

映画に出てくる武器や装備を見るのも楽しいものです(結局ミリタリーやないかい)。

SFといえどもあなどれません。意外なところでカッコいい装備を見ることができるかも。

あ、クリンコフだ(゚ω゚)

2月ももう終わってしまいます。3月も頑張りましょう!  
タグ :雑談


Posted by m14gbbshooter at 23:48Comments(0)

2018年02月22日

パチACOGがSFチックに


先週末、「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」を観てきました。ミリタリーファンならしっかり楽しめる作品ではないでしょうか。

主人公リコの友人カルメンが指揮を執る宇宙戦艦「ジョン・A・ウォーデン」も出てきます。艦名の由来であるウォーデン大佐は「5リングモデル」を提唱、空軍力による敵の重心への攻撃を主張し、湾岸戦争以降の米軍の戦い方を劇的に変化させた凄い人です。戦争にパラダイムシフトを起こしただけでなく、航空攻撃の様相を一変させた「JDAM」の発案者でもあるらしい…((((;゚Д゚)))))))


機動歩兵はパワードスーツを着て戦います。ハインラインの原作「宇宙の戦士」に出てくるスーツとは若干違いますが、これはこれでアリだと思います。

降下中の損耗率は10%…兵士達は損耗を気にせず戦場に舞い降り、敵を蹴散らします。

歴戦の勇士リコ大佐は、火星人のひよっ子を連れて絶望的な戦いに身を投じます。

1作目からの流れを汲んでなかなかにブッ飛んでます。
で、盛り上がった気分のままポチったのがACOG用キルフラッシュです。もちろんレプリカです^ ^;

被弾時のレンズ破損防止のために付けたのですが、これがまたカッコいい!寸詰まりで微妙なバランスのACOG風スコープが渋くなりました。ポリカ製レンズガードよりカッコよさは上ですね。付属のラバーバンドはすぐ切れそうなので、インシュロックで固定しています。

エルゴノミックな曲線に無骨なキルフラッシュの存在感、エイリアンと戦うSF映画にでも出てきそうなたたずまいです。

元々はG&PのMRPを買った時についてきたオマケでACOGの寸詰まりな外観があまり好みでなかったのですが、これなら不満もなく使えそうです。しばらくM4ランサーカスタムに載せて使ってみます。

猫の日も官兵衛は元気に暴れ回り、脱走防止柵も軽々と飛び越えてました。お前まだ生後1年未満なんだぞ(・ω・)  


Posted by m14gbbshooter at 22:22Comments(0)

2018年02月17日

勝つための戦術考察②

一方が弾幕で敵を抑えている間、もう一方が前進する…マグ◯ルDVDをお持ちの方なら、「Moving」「Move!」とヒゲのオジサンと元フォースリーコンの兄貴がツーマンセルで敵陣に肉薄していくデモンストレーションを見たことがあると思います。

https://youtu.be/segtXBwglj4
あれをサバイバルゲームでも出来たら、結構いい戦いができるはず。数名の組単位で行うものを「組前進」と言います。戦友が「次回のゲームで組前進やってみたいですね」と言っていたので、そのハウツーを簡単にまとめてみます。また、他にも役に立ちそうなネタをいくつか紹介します。

◯HOW TO 組前進

まずはグループを2つに分け、2〜5人の組を作ります。それぞれの組に前進、射撃の指示を出す「組長」を設けますが、阿吽の呼吸で連携できるメンバーならなくても構いません。時間に余裕があるなら、どこまで損耗を許容し組前進を継続するか、組長離脱時の次直は誰になるのかを決めておきます。
ゲーム開始時、組前進を開始する位置までは一斉に前進します。その後、射撃組が射撃を開始したら前進組が前進します。敵に姿を晒した場合、こちらの意図に気付くまで1〜2秒、エイミングに1秒、発砲から弾が届くまで0.5〜1秒程度と見積もり、3秒以内に遮蔽物に隠れるか匍匐前進に切り替えて所望の場所(射撃支援を行う場所)に入ります。全員が到着したのを確認したら、組長は射撃を開始させます。
射撃組は予め誰がどの辺を撃つか決めておき、敵がいそうな所に弾を浴びせて頭を引っ込めさせます。あまり体を晒すと良い的になりかねないので気をつけましょう。前進組が到着し、射撃を開始したら組長は前進を指示します。
以降、突撃で敵を一網打尽にできる場所までこれを繰り返します。

…イメージをつけやすいよう、過去記事のリンクを貼っておきます。
組前進の要領
http://m14gbbshooter.militaryblog.jp/e797281.html
動画なら、やはり「HEAT」ですね。「組」ではないですが、連携要領の参考になります。

https://youtu.be/ZL9fnVtz_lc
ドリルサージェントが「うちの若い奴等にも見習わせたい」と舌を巻いたヴァル・キルマーの素早いマグチェンジも見ものです。

◯ヨコ系連携について

縦深性を持った隊形を作るのも大事ですが、数に物を言わせて戦うのも大事です。強固な遮蔽物に隠れたり巧妙にアンブッシュしている敵に対して、うまくやり過ごしたり、火力以外で対抗する方法があるのなら教えてほしいものです(切実)。先日紹介した同時異方向攻撃に関して簡単にまとめた過去記事を紹介します。
http://m14gbbshooter.militaryblog.jp/e738073.html
フィールドの常連さん相手に初心者とブランク明けの寄せ集めチームがどうやって勝ったのか、よろしければご一読ください。

◯解析要領

「なぜ勝てたのか」「どうして負けたのか」を解析できなければ、「ただなんとなく」「たまたま」勝敗が決まっただけであり、強いゲーマーになるためには膨大な経験を積むしかありません。年間50回、100回とゲームに参加できる人なら問題ないのでしょうが、そんな恵まれた人はごく少数でしょう。本気で勝ちを追求するならしっかりと解析すべきです。仕事にも応用できる解析法を解説した過去記事です。
http://m14gbbshooter.militaryblog.jp/e755912.html

◯ブリーフィング要領
組前進を行うにあたり、カッコよくブリーフィングすると雰囲気が出ると思います。「オーガスト・ウォーズ」の偵察小隊の命令下達はとてもキマってました。
なんとなくカッコよさそうなブリーフィング要領を下に記します。
「敵は中央砦を早期に占拠、主力はエリア左側のバリケード、ボサに多く潜伏していると予想される。
班は当初、組前進により中央砦を攻撃奪取する。
発起位置、我のフラッグから20mの位置。突撃発起位置、砦の前方15m、おおむねドラム缶バリケードの線。
当初1組前進、2組は射撃支援。損耗時の処置は組長所定とし、作戦継続不能時は戦力を再配分する。
射撃範囲はエリアを3分割し、それぞれAORレフト、センター、ライトとする。
中央砦奪取後、後続の味方と合流し敵フラッグを攻撃する。前進経路は右を基準とし、細部は別示する。
注意事項、味方位置を掌握し友軍相撃に注意せよ。
質問なければ各組毎ブリーフィング実施。」
同じチーム内の他のグループと競合しないように、また必要に応じて相互支援できるように他のグループにも簡単に自分達の戦い方を説明しておきましょう。



今回はここまでです。どうやったら勝てるかを考えるのも楽しいものですね。
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m  


Posted by m14gbbshooter at 20:25Comments(2)